スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンハンXX 身内用ニャンター厳選マニュアル

ブログを書くのはひさしぶりです。
らむえもんです。

タイトルどおりのこと書きます。レッドストーンの記事を読みたい人はブラウザバック!

●はじめに
モンハンはやってるけどニャンターは触ったことがないひと、結構いると思います。
使ってみると結構奥が深くて楽しいのですが、仕様がよくわからずに
食わず嫌いしているひともいると思います。
でもニャンターに興味はある。
そんな人向けに厳選の方法を書いていこうと思います。

なお、このページでは要素要素の詳しい説明は割愛して、個別のページに任せるつもりです。
(まだ作ってませんけどね)



◎厳選って何をするの?
オトモアイルーの見た目、サポート傾向、サポート行動、オトモスキルは個体によって
決まっています。
目的のオトモアイルーが雇い候補に出るまで、クエストをまわすのが厳選です。




①厳選の準備をしよう
ニャンター厳選のためには事前に準備をしておいたほうがいいです。
ただ、しなくてもいいです。

(1)雇用時のレベルを上げろ!
オトモは各村にいるネコ嬢もしくはネコバァから雇うことができます。
オトモにはレベルの概念があり、なるべくならレベルが高いほうがいいのです。
そしてレベル上げは面倒なので雇用時のレベルを予め上げておいたほうがいいです。

HR35 もしくは集会所G4ニャンタークエスト「海竜の頭破壊に挑戦!」クリアで
上限のレベル60~62を雇用できるようになります。


また、オトモそのものにもレベル上限があり、クエストを進めることで上限が開放されていきます。
ついでに上限を開放しておくとGOODです。最終的な上限はレベル99です。
レベルが上がると装備できる技数や、オトモスキルのスロットが増えますので、とても有用です。
野良でニャンターをやるつもりなら、少なくともそれらが最大になるレベル75は欲しいでしょう。

条件:G級昇格でレベル50
    G2ニャンタークエスト「原生林のコンガ戦線」クリアでレベル75
    HR35もしくはG4ニャンタークエスト「モンスターニャンターXX」クリアでレベル99

(2)ケルビの角を集めろ!
厳選、そしてその後の育成時にケルビの角納品クエストにお世話になります。
どうしてこのクエなのかというとクリアまでかかる時間が一番早いからです。
ケルビの角を3個持ち込んで3個納品すれば20秒で帰れますからね。

ケルビの角の入手方法ですが、剣ニャン丸のポイント交換でランダムに登場するので
そこでまとめて交換するのが良いです。





②どういう育成をしたいのか決めよう

オトモアイルー、本当にいろいろできます。ハンターにできることは大体できます。
しかし、1体のネコにできることは限られていますので目的の立ち回りに合わせたネコを厳選することになります。

とはいえ

知識がないとそもそも決めようがないと思います。
まぁそのあたりは、このあとの文章を読んでから興味あるビルドを決めてみてくださいな。




③いよいよ厳選

厳選本番です。
まぁ実際はクエスト2~3回まわせば目的のオトモが出るので厳選と呼べるほどのことでもないんですけどね!
厳選方法ですが、オトモ広場にいるネコ嬢から連れてくるオトモの傾向をある程度指定できます。
目的のネコが出るまでケルビの角納品クエをまわしてください。

まずは「見た目」で指定するか「能力」で指定するか。
ですが
これを読んでいるあなたがオトモ厳選初めてなら「能力」で指定してください。
そうすればサポート傾向が固定できるのでだいぶ楽になります。
逆に見た目を気にする場合は苦行です。(といってもポケモンの厳選と比べれば楽といえるレベルです。)

その1 <サポート傾向>
オトモのサポート傾向は全部で8つ。
今から軽く特徴を紹介するので琴線に触れたネコを選ぶと良いでしょう。
ちなみに一応初めての方へのオススメはボマーです。

(1)カリスマ
バランス型。
技の自由度が高い。
エア回避から乗りを狙える。
オトモ鼓舞の技でニャンター・オトモを結構強化できる。
ニャンターパーティなら一人いると頼もしい。

(2)ファイト
憤怒の技で「怒り」になってからが本番。
エア回避から乗りを狙える。
手数が多くなるので状態異常にさせやすい。
乗りと状態異常によるサポートがしたいならこれ。

(3)ガード
防御力が高い。
ジャストガードが可能でガード時のサポートゲージ回収量も多め。
挑発の技でヘイトを稼げる。タンクのような立ち回りができる。
玄人向けの印象。

(4)アシスト
ブーメラン火力が高め。
同じような傾向のコレクトに比べ、サポート行動に無駄がない。
素で見極めや罠上手があるので捕獲のとき役に立つ。
ゲージ回収量の多い獰猛化モンスター相手だと無限に罠はれたりして楽しい。

(5)回復
ゲージの自然回復量が多い。
笛系の行動をするとおまけでもう一吹きして追加で体力を回復する。
いわずもがな、回復サポートをしたいときにお勧め。回復量は他のサポート傾向の追随を許さない。
ただ、ゲージが足りないと思ったように回復ができない。
ニャンターとしての運用ならサポート行動の選択には気をつけなければならない。

(6)ボマー
爆弾が得意だが、それよりもジャスト回避ができる点が魅力。
単純な生存力ならナンバーワン。強い敵相手にはボマーが最適。
オトモにするとガンガン爆弾使ってくれて楽しい。(楽しいけど邪魔。)

(7)コレクト
採取によるゲージ回収量が鬼のように高い。
また、ブーメラン火力が一番高い。
ニャンターで一番火力が出るのがブーメラン型なので、火力で選ぶならこれ。
防御は紙。

(8)ビースト
近接攻撃特化。近接火力最強、防御力最強タイ。
専用技でビーストモードになると固有のモーションを楽しめる。
手数が多いのでガンガンサポートゲージがたまっていく。
火力で選ぶならブーメランを使った他のネコのほうが強いので
見た目とは裏腹にそのゲージを使ったサポートが得意だったりする。


その2 <サポート行動>
次にサポート行動を厳選します。

サポート行動とはゲージを消費して発動する技のことです。
ハンターでいうところのアイテムあるいは狩技といったところです。

厳選というくらいなので当然ネコによって覚えている技が違います。
今作は技の付け直しができるので、雇用時に覚えている技そのものはあまり重要ではないのですが
付け直しにルールが存在するため、ある程度の厳選が必要です。


技は固有技 + 準固有技 + 薬草笛・プチタル爆弾 + その他  (+伝授枠) の構成になります。
※伝授枠には好きなサポート行動を2つつけることができます。(カリスマ猫は3つ)

固有技はサポート傾向特有の技です。伝授できないので他のサポート傾向の固有技は絶対に覚えられません
また、そのサポート行動を外すこともできません。
固有技は↓のとおりです。

カリスマ:  オトモ鼓舞の技
ファイト:  憤怒の技
ガード:   挑発の技
アシスト:  毒毒落とし穴の技
回復:   真・回復笛の技
ボマー:  大タル爆弾Gの技
コレクト:  遠隔ぶんどりの技
ビースト: ビースト変化の技(ビースト解除の技)

準固有技はサポート傾向によって2つのうちからランダムに選ばれます。こちらは伝授できます。
詳細は個別ページに任せます。
ちなみにブーメラン型で有用な「貫通ブーメランの技」はファイトかコレクトの準固有技なので
他のネコに覚えさせる場合は伝授枠をひとつさいて伝授させるしかありません。

さて、「その他」のところが厳選するとこです。

すこし詳しい話になりますが、サポート行動はABCの3つのグループに分かれています。
ネコには8ポイントが与えられており、(カリスマは準固有技がないので9ポイントあります)
Aの技は3ポイント消費、Bの技は2ポイント消費、Cの技は1ポイント消費といった感じになっていて
合計8ポイントになるように技を覚えています。
また、Aの技を2つ以上は覚えないという決まりもあります。

Aグループ
落とし穴の技
シビレ罠の技
回復笛
など

Bグループ

メガブーメランの技
応援ダンスの技
モドリ玉の技
など

Cグループ
巨大ブーメランの技
治・ローリングの技
こやし玉の技
など

詳しい技の解説は別ページに書きます。一応上で例に挙げたスキルは特に有用なものを選びました。
まぁ、簡単に言えば強い技を覚えているネコほど技数がすくなくなるという感じです。

先ほど、今作は技の付け直しができるので、雇用時に覚えている技そのものはあまり重要ではない
といいました。
そのときのルールですが、技の付け直しは同じグループ内でのみ可能です。
なので厳選するときは、技そのものよりもどのグループに属している技を持っているかを見ます。
例えば、BBCCCCの技構成のネコ・・・といった感じですね。

ひとつアドバイスをするなら、重いAの技は伝授に任せて素で覚えているサポート行動は
BとCで固めたほうがいいことが多い。ということです。

最終的には固有・準固有(強制的に装備される)を含め7種類の技を同時に装備していけます。


その3<オトモスキル>
オトモスキルはハンターでいうところの装備による発動スキルですね。
サポート行動と同じようにABCのグループに分かれています。
合計8ポイントあって・・・というのもサポート行動と同じです。
異なる点は固有スキルも含めてすべてが伝授できるという点です。

Aグループ
サポート優先の術
など

Bグループ
会心強化の術【大】
防音の術
回避上手の術
など

Cグループ
ブーメラン上手の術
会心強化の術【小】
細菌学の術
など

Aのスキルは正直有用なものが少ないのでたいていの場合は要りません。
例によって詳しいことは個別のページに任せます。

オトモスキルにはそれぞれ必要スロットが設定されていて、(グループには関係なく個々に設定)
最終的には8スロットからオトモスキルを選んで装備することになります。

なお、厳選にはあまり関係ありませんが
嫌らしいことに配信オトモ限定スキルが存在しています。
ほとんどはX時代にダウンロードするor期間限定のものであり、入手が難しいです。
もしこういったオトモが欲しければ知り合いの方になら渡せます。



④厳選終了

厳選は以上で終わりです。すぐ終わります。
本当に時間がかかるのは 育成 です。
一旦ここできりにして記事を公開しますが、まだ先は長いですよ。
次回、育成について書きます。

では。

次回:モンハンXX 身内用ニャンター育成マニュアル
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

期待して続き待ってます

Re: タイトルなし

> 期待して続き待ってます
なかなかやる気でない
期待せずに待て
カテゴリ
プロフィール

UnbekanntSteuer

Author:UnbekanntSteuer
蝕鯖で活動していました。
主に制限Gvを嗜んでいましたが
制限Gvそのものが滅びました。
昔は決戦鯖に主に出没していましたが
過疎により消滅しました。
ネタビルドが好きです。




なつかしの制限キャラ
UnbekanntSteuer
(WIZ/えろりーな♪)


紳士卿
(BIS/スクラッチ)

雨くん(たまに)
(テイマ/えろりーな♪)

無制限
∬税別∬
(天使/ぬ゛)
 

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。